Google日本語入力にMacのユーザー辞書情報を移行する方法紹介!

ビギナーゴリラ

Google日本語入力を導入したのはいいんだけど、それまで使ってたMac純正のユーザー辞書に登録した単語が使えなくなっちゃったんですけど(汗)

そうだね、今までMacに登録してきた単語はGoogle日本語入力では使えないからコピーするしかないよ

よりみち

ビギナーゴリラ

コピー?コピペでできるんですか?

いや、それがちょっと手順が煩雑なんだよ(汗)。

ちょっとややこしいから詳しく説明するね

よりみち

この記事はこんな人に向けて書いてます。
  • Macのユーザー辞書をGoogle日本語に移したい人
  • Macのユーザー辞書が100件超えの人

Google日本語入力の導入についてはこちらの記事を参考にしてください。

アプリU-Dictをダウンロードする

まずは、こちらのサイトからU-Dictというアプリをダウンロードして下さい。

ビギナーゴリラ

なんのアプリなの?

Macのユーザー辞書のデータをGoogle日本語入力で読み込めるデータに変換してくれます。

よりみち

インストールが完了したら、こんな感じのアイコンが現れます。

こちらを開きます。

Macのユーザー辞書のデータを書き出す

まずはMacのユーザー辞書のデータを書き出します。

よりみち

「システム環境設定」→「キーボード」→「ユーザー辞書」から登録単語一覧を開きます。

単語の一覧で「Command」+「A」で全選択し、右クリックで「書き出す」を選択します。

「書き出し名」、保存場所はどこでも大丈夫です。

ここではわかりやすいようにデスクトップに保存します。

U-Dictにデータを取り込む

U-Dictを開いて、先ほど保存したユーザー辞書のデータをダブルクリックするとU-Dictに辞書の登録していた単語が一覧で並びます。

画面の左上にて「ファイル」→「保存」をクリックします。

保存名は何でも問題ないです。

わかりやすいように「ユーザー辞書」という名前にします。

形式→標準テキスト

区切り文字→カンマ(macOS)

エンコーディング→Unicode(UFTー8)

となっていることを確認して保存を押します。

ビギナーゴリラ

ややこしい!

大丈夫です。あと一息です!

よりみち

Google日本語入力の辞書にデータを取り込む

画面右上のメニューバーから「辞書ツール」という項目をクリックします。

「辞書ツール」が開いたら、ウインドウ左上の「管理」→「新規辞書にインポート」をクリックします。

先程U-Dictで作成したデータを取り込みます。

この時拡張子(ファイルの末尾の英字)がtxtであることを確認して下さい!

「インポート」をクリックするとGoogle日本語入力に辞書データが反映されます!

ビギナーゴリラ

すげぇ!これでGoogle日本語入力がさらに使いやすくなったよ!

まとめ

今回はmac純正のユーザー辞書のデータをGoogle日本語入力に移行する方法を紹介しました!

よりみち

ビギナーゴリラ

途中の工程がややこしかったデス!

そうだね、辞書のデータの移行のためにアプリをインストールするのは煩雑だよね。

でも一度すれば今後はすることのない作業なんでこの記事を参考に作業してもらえたらと思います!

よりみち

この記事読んでメンドウそうだなと思った方は、単語が100個以内なら力技で一個ずつコピペするほうが簡単かもしれません。

コピペをするときにはこちらの記事を参考にしてもらえると作業が捗ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA